スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

A Shuttle Meets Its City

A Shuttle Meets Its City

↑元の記事です。


NY-BP772_SHUTTL_G_20120427201119.jpg



シャトルがニューヨークスタイルで着地した。

747に乗ったスペースシャトル事業が、ワシントンDCから着くと同時に、数千もの観覧客や写真家が、金曜日、海岸に集まった。

これは、地球を出たことのない、テスト飛行だけに使われた模範にとっての模範のシャトルにとっての、最後の長旅だった。

他の新入りと同じように、このシャトルも新地に入るまでの一時間の低空飛行披露の間、自由の女神、エンパイヤステイトビル、セントラルパークを目印にした。

ゆくゆくこの事業は、インタラピッドSea air and space museumで、観光客を呼び寄せる展示物になるであろう。

数百人以上の学生を含む、1500人以上もの招待客が、JFK空港での着地を観覧した。

感動で息をのむものや、カメラのシャッターを押すものへ向けられた、飛行機に乗り浮いて展示されているシャトルは、11:00amに見ることができる。

そのシャトルが着地した12分後に、大きな声援が上がった。

悪天候による2回の遅れがあり、待ち時間は、スペーススーツとフライトジャケットのコスチュームを着た6歳の男の子、Luca Kasumovish君にとっては苦しいものだった。
「僕はとても早く着替えたんだ。」とLuca君は彼の支度について語った。

ニュージャージーのRidgewood小学校から来た2年生の75人グループはたまたま到着時に居合わせた。
「とてもかっこよかった。」と7歳のTimmy Caulfieldくんは写真を見せながら語った。「こんなの見たことがない。」

その他の人々には、しかしながら、事業の到着はアメリカが人工衛星企画を閉鎖するという、甘く苦い思い出になることだろう。
「これを見るのはウキウキするけど、それと同時にシャトル計画が終わってしまい、次の計画もないのは悲しい。」
とニューヨーク、TuxedoのTerry Dunnさん64歳は語る。

NASAのこの事業とその他3つのシャトルの集団は、強力なシンボルや観光客を引き寄せる物となる為、いくつかの市から欲しがられた。

最後には、ニューヨークがスペース企画とつながりのあるヒューストン市などを抜かした。

「大体すべてのメジャーな市が、この事業を欲しがったが、ニューヨークが相応なものを持っていたので、勝つことができた。」と、ロビーでシャトルを市に運ぶ手伝いをしたニューヨーク議員であるCharles Schumer氏は語る。
2012-05-02 : The Wall Street Journal : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム

Profile

haru8D

Author:haru8D
海と船が大好きです。

moussy

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。